今週の大向上札 
 
 
 



 

 

8月19日土曜日


 
また「コード・ブルー」のお話でご勘弁を。
第5話での山下智久さん(藍沢先生役)の語りも
印象的だった。

 人は他人の痛みはわからない。
 医者と患者にかぎらず
 夫婦や親子、友人
 そんな間柄でもそれは同じだ。
 しかし
 痛みを教えてくれる
 自分のそばにいて
 その痛みを分かち合いたいと
 思ってくれる人がいることを
 その存在に気づかせてくれる。

司馬遼太郎さんは「二十一世紀に生きる君たちへ」の
なかでこのようなことを書かれている。

 自然物としての人間は
 決して孤立して生きられるようには
 つくられていない。

 このため、助け合う、ということが
 人間にとって、大きな道徳になっている。
 助け合うという気持ちや行動のもとは
 いたわりという感情である。
 他人の痛みを感じることと言ってもいい。

そして、司馬さんはこう続けます。
他人の痛みを感じることは本能ではないから
私たちは訓練をして、それを身につけるのだと。

 その訓練とは、簡単なことである。
 例えば、友達がころぶ。
 ああ痛かったろうな、感じる気持ちを
 そのつど自分の中で、
 つくりあげていきさえすればいい。

僕は他人の痛みがわかった気分になって
これまで多くの人を傷つけきた。


他人の痛みはわからない。

すべてここからなんだ。
 
今日もごきげんな一日を。

 

きのうまでの「雲のうえは晴れ。」はこちら
はげっち。
web版読書のすすめの管理人のじょうとく

おしらせ

成幸ってなんだろう?

毎月1冊の本を清水店長が選んで、本と解説音声と解説書をお届けする成幸読書頒布会。「成幸」ってコトバは清水店長がいいだしっぺでした。
成幸読書おもしろうそう> 

喜多川泰さんも成幸読書を購読中。

成幸読書をつづけていると、あるモノが自分のなかに芽生えてくるのだと。
読んでみたい> 

 
 

こちらでは本のご注文やどんな本を読んだらいいだろう?とお困りの方
成幸読書や逆のものさし講、タテ糸読書倶楽部へのご質問もCafe dokusumeへ

 Cafe dokusume こちらで営業中
今週の大向上札 
 
 

逆のものさし講

清水店長と一緒に学ぶ勉強会。北海道・仙台・東京・名古屋・京都・広島・福岡で開催。

成幸読書頒布会

清水店長おすすめの旬な本が、毎月1冊、解説書と解説音声と共にお届けします。

成幸読書について

作家の喜多川泰さんは成幸読書から思わぬ発見があったようです。

タテ糸読書倶楽部

清水店長があなたへおすすめの本を毎月2冊選んでお届けします。

肚をつくる読書会

略して「ハラドク」 肚のあるヒトをめざす読書会。

ドクスメマネー

読書のすすめでのお支払いが簡単でお得。

落語のすすめ

読書のすすめで落語。三遊亭全楽さんと三遊亭神楽さんの落語会は毎月1回開催。

卒業応援企画

旅立つ卒業生に1冊の本を贈る。喜多川泰さんが著書にメッセージを書きます。

ドクスメストア

喜多川泰さんの「親学塾」や「教師塾」のCDストアがオープンしました!

清水店長のブログ

おすすめ本や旅さきでのこと、ときにはお説教な話


清水克衛のFacebook
 
清水克衛のTwitter

小川貴史のブログ

店員・小川貴史のお店や出張販売でのドタバタドタバタな日々の日記。


小川貴史のFacebook

先週の雲のうえ

はげっち。ことじょうとくの「雲のうえは晴れ。」の先週1週間が読めます。 


じょうとくのFacebook


読書のすすめのFacebook

こちらでは本のご注文やどんな本を読んだらいいだろう?とお困りの方
成幸読書や逆のものさし講、タテ糸読書倶楽部へのご質問もCafe dokusumeへ

 Cafe dokusume こちらで営業中