9月11日月曜日


 
昨日は「右肩上がり」のお話でした。
生きてる限りは、大きな波や小さな波を
描きながらの右肩上がりしてるんですよと。

でも、誰もがすぐに
佐ーフィンボードを上手に操って
波を乗り越えたわけではありません。

最初はボードに乗る練習を何度もやってみますが
ボードにへばりつくのが精一杯だったりと
すぐにはボードで立ち上がれません。
波のなかに何度も落ちながら
バランスやタイミングを身体で覚えていきます。

すると突然、自分の意思に関係なく
大きな波がやってきます。
大きな波のなか落ちると
洗濯機のなかの洗濯物のようにもまれます。
長くもまれると、息が苦しくなるときもあります。
でも、いつまでも波はつづきません。
波は必ずおさまります。

ひとりひとりの居場所が違うから
ひとりひとりに訪れる波も違います。
でも、波を乗り越えるために
ひとりひとりが携えるサーフィンボードは同じです。
ボードにはこう刻まれています。

 
「生きてるだけで丸儲け」 

そんな波を乗り越えながら
自然界が生長発展してるように
僕らも成長発展しているのです。
そうです。
生きているかぎり。

 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月12日火曜日


 
「幸」という漢字。
手かせをはめられた人が
身動きがとれない状態と表したのは
3000年、4000年前の古代の人たちだ。

自分の思い通りにならなくなって
気づくこと。
気がつかされること。
そこから学ぶこと。
気づきや学びは人の数だけある。
そして、それらは人それぞれに違う。

幸せだと感じられることも人それぞれ。

どこに幸せが隠れているかわからない。
だからこそ
うれしく生きよう。

 
 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月13日水曜日


 
このまえ、ちょっと不注意で
肘を擦りむいてしまった。
出血もあったけどしばらくすると止まった。
痛みは多少あるけれども
日々痛みは小さくなってくる。

自分の傷を自分の身体が治す。
これってすごいことだ。
つい忘れてしまいそうになるけれども
もっと自分の身体を信じてあげよう。
そんなことを考えた9月13日水曜日。

同じようにココロの傷も自分で治せるんだ。
きっと。

 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月14日木曜日


 
怒らない。
感情的にならない。

たまたま本の通販サイトを見ていたら、
このようなタイトルの本が並んでて
読んだ人のレビューがあった。

怒らないために
感情的にならないために読んだ本について
役に立たなかったと
めちゃくちゃ怒ってる人がいた。

怒っちゃだめですよね。

 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月15日金曜日


 
一緒に仕事していた後輩と呑んでいたときのこと。
互いにホロ酔いになったころ
このタイミングを待ってかのように
目の前の後輩が突然、意を決した表情に変わった。

「いつか謝ろう、いつか謝ろうと思ってました」

仕事を一緒にやっていれば、いろいろある。
もちろん衝突もある。
でもそれさえも乗り越えての喜びがあるから
仕事はおもしろい。

僕が驚いたのは、
後輩が僕に謝ろう、謝ろうと考えつづけていた
「時の長さ」だった。

10年だった。
10年前の仕事での自分の態度を後悔していた。
ときには自分自身を責めたときもあるだろう。

ただただ、その10年のことを想像しただけで
僕の口からでた言葉。

「ありがと」

 
それだけだった。
あとは泣くだけ。

男ふたりで。
 
 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月16日土曜日


 
今日は子どもたちの小学校で
テントや体育館で泊まる行事の予定でした。 
災害時での避難所の生活を体験するのが目的です。
昨年、子どもたちと一緒に参加しました。
「遠くの親戚より近くの他人」が
実感できるとてもいい行事でした。
残念ながら、台風18号の接近で中止となりました。
 
台風18号は強い勢力のまま接近していいます。
皆さんもそれぞれにお気をください。
台風に負けないために
ウルトラマンセブンに来ていただきました。
※かみさんの描いたウルトラマンタロウですが。
 
今日もごきげんな一日を。 
 

 

 

9月17日日曜日


 
詩人・茨木のり子さんの「一本の茎の上に」の 随筆。 

 人間の顔は、一本の茎の上に咲き出た一瞬の花である
 と感じるときがある。

とはじまります。
なぜだか、この時季の曼珠沙華を見るたびに
このくだりを思い出します。
茨木さんの詩「この失敗にもかかわらず」の
最後はこうくくられています。

 この失敗にもかかわらず
 私もまた生きてゆかねばならない
 なぜかは知らず
 生きている以上 生きものの味方をして

今朝、近所の道端に
雨のなか曼珠沙華の花が咲きました。

 
今日もごきげんな一日を。